自画自賛のすゝめ

うまくまわる人生のために

からだを動かせ、からだを!

自画自賛のすゝめ

水川 史〈みながわ ちか〉です(*´꒳`*)

 

 

先日お伝えした からだ 

その有るだけで素晴らしい からだ をどんどん使っていきましょう!

 

 

からだを使うってどういうことかというと…

 

どんなに些細なことでも「あ、やろう!」とか、ついふらっと始めてしまうようなことを、考えたり躊躇わずにやるということ。

大きなインスピレーションも小さなインスピレーションも、ふっと湧いてきた時にそのまま行動に移すということ。

 

例えば

催してお腹が痛くなってきました。

これはトイレに行って、出して来ないと…という時(笑)

純粋に「トイレに行きたい」と思うと思います。ここですんなりトイレに行き、気張って出してお腹スッキリ (〃ω〃)  だと、気分もスッキリ(笑)

ところが、どうしてもちょっと手が離せない!とか、今ここでは出せないので…とか我慢してしまう…とその時は出さなくて済む事もあるけど、それをきっかけに便秘になったり、なんかお腹もスッキリせず、吹き出物ができてしまったり食欲がなくなってしまったり…と何だか負のスパイラル。

 

これは生理現象の例えだけど、考えの場合も同じ。

ふっと「あれやらなきゃ」「あ、そうだ!」と思い浮かんだことはその時に素直にそのままやる。

感情も同じ。笑いたかったらその時に笑う。泣きたかったらその時に涙を流す。

行動も同じ。「なんか始めちゃった」ら、その時にそのまま動いておく。

 

 

しかし

思い浮かぶことをそのまま実行するだけ…が、からだを動かす ということではありません。

 

色々思い浮かんだけど、ススメられたけど「めんどくさいな〜(。-_-。)」と思ったこと。これも『めんどくさい』を尊重するんじゃなくて、やってみる!

頭の中でグルグル考えていることは、とりあえず文字にして書き出してみる。

誰かに相談して言葉にして話してみる。

これも からだ を動かす ということ。

手や口を動かすからね(*'▽'*)

 

そんな些細な行動でいい。

 

からだを動かす!

  

 

わたしがオススメしている『ノートの書き出し』はとってもいい!

自分のモヤモヤした気持ちを文字にして形にすることで、

どんなモヤモヤを抱えているのか。

何に囚われているのか。

書き出すととってもはっきり見えてくる。そしてどんどん書き出していくと、モヤモヤの核心につながっていくので、自分の考えが整理されていく。

自分がどんどんクリアになっていくから!

 

 

言葉にして話してみる。悩みを相談してみる。
夢を語ってみる。
コレもとってもいいことです!

ただ、ひとつポイントがある。

こちらは、愚痴や不満を言うのではない!ということ。
悩んでいることをどんな風にしたいのか。
夢をどんな風に描いているのか。
展望や展開を言葉にするの(*´꒳`*) それが言葉というエネルギーになるから、形になるような考えが湧いてきたり、行動につながって行ったりする。

愚痴や不満を言葉にしているとそれがエネルギーを得て、益々 負の考えが湧いて不快感が増していくのでご注意を!

 

 

お喋りしているとつい愚痴や不満を吐き出したくなっちゃうので、本当に苦しいフィールドから出たい時は『ノートと鉛筆』を用意して自分の心とじっくり向き合うことをオススメします。

ここをしっかりやって大きな気づきを得られると、自然とネガティヴな受け取り方や発想がなくなっていくのでお喋りの内容も変わっていくので(*´꒳`*)

 

不安やネガティヴが少なくなって、今までのモヤモヤが晴れてくると、自然と『素晴らしい』ってこういうことか〜⁂っていう実感につながります。

そうすると、『素晴らしい』って思える出来事がどんどん起こってくる!

『素晴らしさ』って生きている中にどんなことにでもくっついているんだな〜って実感できますよ(*´꒳`*)

だから、本当に苦しさから抜けたい人!

「面倒だな〜」や「いや、自分の考えは頭の中で整理できるし」を乗り越えて『ノートと鉛筆』を用意する!そしてやる!書き出す!

頭で考えているだけでは見えない世界に、絶対辿り着けるから!

 

 

からだを動かせ、からだを!