自画自賛のすゝめ

うまくまわる人生のために

さぁ!ノートと鉛筆を!

自画自賛のすゝめ

水川 史〈みながわ ちか〉です(*⁰▿⁰*)

 

 

前回までの記事で、いろんなことをいろんな角度から捉えて自画自賛の素晴らしさを書いてきました(*´∇`*)

ゴロゴロしたい休みを丸1日ついやして!実は一気に10記事も書いたわたし!

や〜、書きたかった!し、楽しくてどんどん書いちゃった(笑)とはいえ よくやったな〜 わたし(*´꒳`*)

やる気になるとすごいな〜 わたし(*´꒳`*)

 

こうやって自画自賛できるのがほんとうに楽しい〜♡

 

 

あのね、前回までの記事で難しいこともややこしいこともたくさん書いたの。

 

ま、いろんなことの仕組みやカラクリを知ってると理解も深まるのでね。でね、腑に落ちたときの感動がハンパないので(笑)是非熟読して頂きたいですよ、是非!(笑)

 

でもね、難しいことはい〜の(笑)

 

大事なことは、

自分が自分を大好きで

自分で自分を大切にできて

自分で自分を労って、なぐさめて、甘やかして

大事に大事にしてあげることなの♡

 

はい来ました♡ 自画自賛♡

 

ちなみに 労って←は ねぎらって・いたわって と二つの読み方ができます♡

 

もうね、ただ自分のことを好きになるんじゃなくて、

誰かに恋をした時って、苦しいくらい好きな気持ちが溢れる時があるでしょ?

その気持ちを自分自身にも感じてみてほしいの♡

恋して苦しくなるくらい自分に恋もしてみてほしい!

 

そうすると、自分を思った気持ちと同じ気持ちで周りの人たちが自分を思ってくれるようになるの(*´꒳`*)

 

 

自分を認めれば認めただけ、大切にすれば大切にしただけ、周りの人たちが同じようにあなたを大事にしてくれるの!

あなたがあなたを扱ったように、周りの人たちがあなたを扱ってくれるの!

 

これは自己中とか自分勝手とは違います。

 

あなたのやること・できることはDo。

Doを何とかしよう!とかDoを優先させていくと躍起になって苦しくなります。

 

記事冒頭のわたしの自画自賛を例にしてみると

《Do》→理由

休日ゴロゴロすることをしなかった

記事を10本も書いた

やる気になった

《Be》

すごいな〜 わたし

えらいな〜 わたし

楽しかったな〜 わたし

 

Doの理由なんてなんでもいいの。Doがある方が褒めやすいだけ(笑)

Doを褒めるんじゃない。Beを褒める!

Doよりも

あなたのBeを大切にした時に

素敵なミラクルが起こるのだ!

 

 

 

 

そして 自画自賛している時は楽しいし、自分は大丈夫〜!って思えてない?

 

すると、気持ちや感情のベクトルは楽しいことや大丈夫だと思えることに向いているので、そういう現象が起きてくる!

 

そういう気持ちのベクトルでいると、人生が好転しかしないと思わない?

 

あら〜!

なんて素敵なんでしょう♡

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

 

 

 

でもここまで来るには、やっぱり自分の内面と向き合う必要がある。

 

今の世の中、自己肯定や自己受容ができているセルフイメージの高い人はなかなか多くはないから。だからあなたもこのブログを読んでいるんじゃないかな?

 

今の世を生きていると

家族のためとかパートナーのためとか子どものため…と、他人のために

空気を読んで顔色を伺って、周りの様子を伺いながら生きてきた。

そうして周りのことばかり考えていると、不安に取り込まれていくんだよ。

 

努力していろんなことができるように!とか、頑張って成長しなきゃ!とか、自分に鞭打って我慢しなきゃいけないことをたくさんたくさんやってきた。

頑張って成長して、できることや分かるようになったことはたくさんあると思う。

他人や周りのことばかり気にして生きて頑張ることばかりやっていると、自画自賛なんかできなくなっちゃう。自分のことより、周りのことに必死だから!

そうやっていつも不安を抱えながら、ツライ思いをしながらも成長してきた、それは素晴らしいこと!あなたはよく頑張ってきたよ!

 

あなたが抱えてきた気持ちが、あなたを大いに成長させてくれた側面もたくさんある!

あなたにその思いを感じられるようにいろんな出来事に現象化してくれたおかげで、あなたは成長することができたの。それは事実だし、苦しみさえ愛だった。

是非そのことに気づいた方がいい(笑)

 

 

でも

頑張らなきゃ

苦しみを乗り越えなきゃ成長できない!

努力しなきゃ!

それは思い込み。

そんな苦しみはもう手放そうよ!

 

だって、頑張って努力しなきゃダメなの?

苦しまなきゃ成長できないの?

そもそも成長しなきゃダメなの?

なんでそう思って生きてきたの?

 

頑張って努力して苦しまなくても、豊かで充実した人生でもいいんじゃないの⁇

(*´꒳`*)むふ♡

 

是非、ノートと鉛筆を用意して、あなたがあなたにかけている思い込みという呪縛に気づいてもらいたい!

あなたが当たり前だと思っているあらゆることは、ほんとうにそうなの?ほんとうにそうじゃなきゃダメなの?

 是非そのことに気づいた方がいい(笑)

 

特別なものは何も必要ありません。

ノートと鉛筆だけ。ペンでもよし!(笑)

心理学的な知識もスピリチュアル的な知識もなくて全然大丈夫!

静かな時間と環境があった方がより深く自分に向き合えます。

 

わたしはノートと鉛筆に救われて、このブログが書けるようになりました(*´꒳`*)

書き出すの!

『自分はなんでツライんだろう?』この1つの質問から、1つずつとことん掘り下げて自問自答していくの!

自分から出てきた質問と答えをとことん書き出していく!これだけ。

 

わたしは自力で気づいてここまで来たけど、自分ひとりでも絶対できる!

きっとあなたも気づきの突破口を見つけられる!

行き詰まった時はお手伝いしますよ♡

 

 

この世は物理の世なの。

だから、考えてるだけだとなかなか突き抜けられないの。

考えたことを行動に移すと早い♡

だから、『ノートに文字で書き起こす』という物理の現象にしてもらいたいの。

文字にするだけで考えが形になるでしょ?

 

そうすると、気づきも早い!

 

 

 

 

 わたしはあなたの助けになりたい思いの一心で今回の記事を書いていますよ〜!

モヤモヤや苦しみから突き抜けたい人のチカラになれますように(*´꒳`*)

 

 

 

さぁ!そこのあなた!

突き抜ける時が迫ってきてますよ!

 

さぁ!腹を括って、重い腰を上げて

ノートと鉛筆の用意を‼︎

 

 

 

 

 

なぜ自画自賛なのか?まとめ

自画自賛のすゝめ

水川 史〈みながわ ちか〉です(o^^o)

 

これまで 色々な角度から自画自賛のおススメをしてきました。

 

今回は色々総合して考えていきますよ〜♪

ちょっと長いし、本質的なお話がたくさん出てくるので、ややこしいかもしれませんが是非何度も読んでみてください(*^^*)

 

 

 

まとめ

 

 

生きているといろんなことが絡み合って入り組んで、相互作用してるんだな〜(*⁰▿⁰*)

と思いませんか?

 

学問的にとか、分野ごとにいろんな出来事をカテゴライズすることができるけど、結局はそのすべてが現実で、すべてが関わりあってわたしたちは生きているんです。

 

 

だからね、

現実を見なきゃ…とか

科学的なことは…とか

心について学ばなきゃ…とか

スピリチュアルは…とか

 

この部分は認めない!とか信じない!と考えたり、

関心のある一部だけは信じて傾倒するっていうのは やっぱり偏りや歪みが生じるのかな〜?と思います。

 そもそも、なんでコレは信じるけどアレは信じない!って思うようになったの?

ん〜?何となくそう思うから…?みたいな理由なことが大半ではないかしら?

 

 

 

本当はこの世の中に

いい も 悪い もないんだな〜

ということが、どの分野からみても分かるはずです。

 

そもそも いい とか 悪い のジャッジは、人が決めたものでしょう?

決めたから いい と 悪い があるんでしょ?

いい と 悪い が決まる前の世界では、現象が起こってありのままにあっただけ。それは現象の本質なのです。

 

 

本質的なことは変わらない・揺るがない

 

 

意識に思いが映し出されて世界が起こる

思いありきの現象が起こる

これは現象化の本質。

 

なので、思いのベクトルで起こる現象が変わってくる というのはカンタンに理解できますよね?

 

この世は二面性の世界です。

光と陰   善と悪   好き嫌い   上下   左右  …などなど対になる言葉や現象はたくさんありますね。

 

二面性の世界の本質は 快と不快

 

快にベクトルが向いていれば快を感じる現象が

不快にベクトルが向いていれば不快を感じる現象が起きるわけです。

 

で、その現象を起こしている 思い は自分では気づかぬほどの深い深い思い込みでできているともお伝えしましたね?

 

 

 その思い込みに気づくには、心理学的なアプローチは有効なのです。

静かな時間と、紙と鉛筆を用意して、自分は何を苦しいと思っているのか 何で苦しいと思っているのかを自問自答していきます。

静かに自分に向き合って気持ちや考えを書き出していくと、ふとすごく納得できる答えが浮かんでくるのです。

そして自分はどんな感情を抱えているのかに、

インナーチャイルドや親の呪縛に、とことん向き合っていくのです。

 

意識は自分の鏡です。

自分以外の他人も、すべての現象も

この世のすべてはあなたの思い込みの結晶なの!

 

実は、親もインナーチャイルドもあなたの思い込みが生み出した現象なの。

だから、親が認めてくれない…ということは自分が自分を認めていないということが

インナーチャイルドが…とかいうことは自分がきちんと向き合って感じ切らなかった感情があるということ

 

で、現実に起こる現象は

自分を受け入れられてないよ〜

その感情を感じ切れていないよ〜

もしくはその感情を感じてたくて

感情を手放せていないよ〜って

抱えたままの感情は気づいて欲しくて、手を変え品を変え現象を変えて次から次へと、結局は抱えている感情を感じられるようにあらゆる現象を体験させてくれるの。

  • 意識は自分の鏡
  • 『この世の出来事のすべては望むことも望んでいないことも自分が原因』
  • 『すべては自分で起こしたこと』

とも云われる所以は、ここにあるんですね(*´∇`*)

 

心理的アプローチからここまで掘り下げられると、あらゆる現象は愛でしかなかったんだ!

という気づきが生まれます。

 

そうすると、スピリチュアル的なところが浮き上がって分かってくる。

 

現実は思いが現象化しているということも腑に落ちる。

 

そうすると、気持ちのベクトルの大切さを実感できるようになるのです。

 

もうね、そこまで来たらしちゃうのよ、自画自賛を!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

できちゃうの、自画自賛が!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

こういう顔文字が入る気持ちが絶対分かるの!

 

そうすると☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆こういう現実が現象化してくるの!

 

ここまでくると、自分を受け入れられるし、認められるし、思いのベクトルがどこに向いているかが分かるようになるし、思いと現実の回りが本質に戻るのです。

そうなったらもうシンプルでカンタン!

 

願うように うまくまわる人生が展開していくんだよ〜(*⁰▿⁰*)

 

 

 

 

というわけで、自画自賛をおススメしています♡

 

さぁ、コレを読んでいるあなた!

そろそろ本気で自分に向き合う時期に来ているようですよ〜(*⁰▿⁰*)

 

ノートに書き出していく。

時間も手間もかかります。エネルギーも使います。正直面倒くさいし、考えるだけでもわかるよ〜って思うと思います。

 

でも、この記事を読んでいるあなた。

あなたに起こっている現象が、やれ!と言っている!

 

効果は絶大ですよ〜(笑)

 

うまくまわる人生のために!

 

 

 

 

 

なぜ自画自賛なのか?④思い込み

自画自賛のすゝめ

水川 史〈みながわ ちか〉です(o^^o)

 

 

 

前回の内容に関わって来るお話と、今回は 引き寄せ  についても関係してくるお話になるかな?と思います。

興味のある方、是非読んでみてください(笑)

 

 

 

 

ー思い込みー

 

 

「思考は現実化する」とか「思ったことは現実になる」って聞いたことありますか?

引き寄せに関心の高い方はご存知かもしれませんね♪

 

そう。

もうすでに あなたは自分の思考を現実化させて生きているんですよ〜(*^^*)

すでに色々引き寄せています!

むしろ、引き寄せしかしてませんから!

 

 

 

引き寄せに関心の高い方たちからは

 

え⁉︎ 何言ってんの⁉︎ 叶ってないこともあるよ!

と怒られそうですが、本当にそうなんですよ〜(*^^*)

 

 

引き寄せの話題でもそうでなくても

わたしたちは思考・思いを現実化させてしか生きていません。

むしろそれが生きることなのかもしれない。

 

 

言葉って難しいんですが、ここで指している思考・思いっていうのは

自分が思い込んでいること のことです。

自分で感じたくて、もしくは感じている必要があって、大切に大切に抱えていた感情のことです。

 

もうね、思い込みすぎて、自分がそう思い込んでいるってことに気づかないくらいのレベルの思い込みです(笑)

現象のすべては思い込みのかたまりです!

現象のすべてはあなたの思いの結晶⁂  なの!

 

例えば

自分の性別 とか

生体を維持しているからだの機能 とか

社会的な制度や機能 とか

もっともっと掘り下げられるんだけど、

究極的には 

自分は生きている ということ

自分が存在している ということまで

ぜーんぶあなたが思い込んでいる通りになってるんですよ〜。

 

 

 

あなたが 生きている と思っているから、

からだがあって生体機能が働いていて…という現象が起こっている。

 

からだがあるから魂が宿って生きているんじゃない。

あなたが生きていると思い込んでいるから

からだがあって機能している。

 

わかる?この違い!(*⁰▿⁰*)

 

↑この表現、すっごく分かりやすくない⁉︎

やだ〜♡わたし、グッジョ〜ブ♡

↑コレが自画自賛(笑) 

 

でね、自分の思い込みはカンタンに見ることができるの。

だって、起こっている現象はすべてが自分の思い込みの現象化だから。自分以外の人がいること・その人たちとコミュニケーションしていることさえ現象。

 

あなたがそうだと・当たり前だと思い込んでいることと、

あなたがずっと受け入れていない感情が、感じてもらいたくて手を変え品を変え、現象を変えて次々と現れてきているの。

 

でもそれに気づくには自分に向き合って、自分の中の深いところを受け入れたほうがより深く感じられるの。

それこそ、心理の記事に書いた インナーチャイルドや親の癒しが必要なの。

でも、生きる本質に気づくにはインナーチャイルドや親の存在のその奥、自分で自分を認める・受け入れるっていうところまで気づいて欲しい。

 

なのでわたしはこうして、自画自賛のすゝめを書いているのです。

 

ここに気づけると、自分の思い込みに笑っちゃったり、深い深い深〜い感謝が生まれたり、愛の意味が分かるようになったり…

 

そして、本当に本当に自画自賛が出来るようになります(*^^*)

 

さぁ、あなたは一体どんな癒されない気持ちや思い込みを抱えているんでしょうか?

 

 

 

よし、次はその辺のことも含めてまとめてみま〜す♪

 

 

 

 

なぜ自画自賛なのか?③マインド

自画自賛のすゝめ

水川 史〈みながわ ちか〉です(o^^o)

 

 

 

さてさて、いろいろな角度から自画自賛することの素晴らしさを紐解いていこうという流れの真っ只中です(笑)

 

今回は

 

 

ーマインドー

 

 

この世は、いろんなことが絡み合って複雑に入り組んでいるように見えますよね。

 

現実の現状 心理的な要素やマインドの世界も、

もちろんこの世の構成要素のひとつです。

 

 

 

マインドとは?

 

スピリチュアルな世界では、マインドは意識と言ったり、自我とかエゴとか言ったりしますね。 

 

 

わたしがお伝えしたい

マインド とは『意識』です。

 

わたしたちは現実というあらゆる現象の中で生きていますが、
実はその現象には実体がなく、意識というスクリーンに映し出されたホログラムやVR(バーチャルリアリティ)みたいなものなんです。

意識 というものに、自分で感じていることや、考えていることや、思っていることが映し出されて 現実という現象が起こっているのです。

 

このことは量子力学やスピリチュアルでよく云われています。

 

 

ここでひとつ 大切なこと

 

自分で感じていることや、思っていること

(思い込んでいること)が映し出されて

                      ↓

現実という現象が起こっている

 

 

分かりますか?

 

 

現実という現象 があって

                     ↓ 

自分が感じたり考えたり思ったりする

 

のではない! のです!

 

 

とっても大切なのでもう一度いいますよ?

ピンクより濃いにしちゃいますよ?(笑)

 

自分で感じていることや、思っていること

(思い込んでいること)が映し出されて
                     
現実という現象が起こっている

 

 

 

ここを絶対に外さないで押さえてくださいね!

 

 

そして、それを踏まえた上で

もうひとつ大切なこと

 

これももう一度いいますよ!

わたしたちは現実というあらゆる現象の中で生きていますが、
実はその現象には実体がなく、意識というスクリーンに映し出されたホログラムやVR(バーチャルリアリティ)みたいなものなんです。

 

思っていること(思い込んでいること)とは

自分でも気づかないくらい当たり前だと思っていること

自分が常識だと思っていること

社会では世界ではこの世では至極当たり前だと思っていること

が、現象として起きてくる

 

 

 

 

ついてきてますか?

ちょっと整理してみましょう。

 

 

実はカンタンなことを言っていますよ(笑)

 

 

現実という現象ありきのこの世界

ではなくて

あなたの 思い ありきで その 思い が現象を引き起こして現実に仕立て上がっている

ということです。

 

 

そのあたりのことをね、詳しくお伝えとすると ものすご〜〜く長くなっちゃうし、説明がたくさん必要なんです。

 

でも、確実にマインドも心理も現象もリンクしているので外すことはできません。

 

ちょっと長くなっちゃったので、ポイントだけおさらいして、次にまとめたいと思います。

 

自分で感じていることや、思っていること

(思い込んでいること)が映し出されて
                     ↓
現実という現象が起こっている

 

 

今回はここだけ押さえておいてください。

 次回 今回のことを踏まえて自画自賛の素晴らしさを伝えしますね〜♡

 

 

 

 

 

なぜ自画自賛なのか?②心理

自画自賛のすゝめ
水川 史〈みながわ ちか〉です(o^^o)




今回紐解いていくのは

ー心理ー



人の心の動きを分かることができたらな〜



なんでそう思うのか
なんでそう思えるのか

心理って深いですよね。

心理学
カウンセリング
セラピー




心理学やカウンセリングを学んだことや、受けたことや、かじったことがある方はよくご存知かと思います。

トラウマ や 心の傷
インナーチャイルド や 親との和解

こんなワードを耳にしたことがあると思います。

ツライ気持ちや心の傷を癒して、自分を取り戻すワークをしますよね。




インナーチャイルドが癒されていない
親にかけられた呪いに縛られている


あの時のわたしは傷ついたもん!
親はわたしを認めてくれなかったもん!


うんうん。わかるよ。
確かに思い返すとツライ気持ちが甦る。
トラウマや心の傷はツラかった。
インナーチャイルドは受けたショックでそこに立ち止まってしまった。
親に対して抱えたまま飲み込んだ気持ちがある。

それを癒すとス〜ッと消えていく感情がある。
ちょっと前向きになって、ポジティブになれる。




インナーチャイルドを抱きしめてあげて立ち直ってもらう
親にモヤモヤしていた気持ちを打ち明けて和解する
そうするとモヤモヤがスッキリするので自分を認めて受け入れられるようになる。

心理の癒しとは、こんなからくりです。


心が癒されると、わたしは大丈夫だ!って自分を認めて受け入れられるようになります。
自分を認めて受け入れられるようになると、自分を褒めてあげられるようになりますね
( ^ω^ )




心理のアプローチは、本当に自分が抱えている癒されない思い・気持ちにアプローチします。
それは みんな何かしらをそれぞれに抱えています。

ショックな出来事があった時、本心の奥底に感じた感情
その感情をきちんと感じ切らなかったために、その感情はいつまでもくすぶり続けるのです。

一番分かりやすいのは『怒り』
実は『怒り』は 第二感情 といって、怒りの奥に湧き起こった第一の感情があるのです。
その感情に自分が向き合えなくて
その感情を自分は受け入れたくなくて
『怒り』という感情でくるんでしまうことが多々あるのです。

どんな感情でも感情は感じるままに素直に感じる

とても大切なことです。


人間と動物との大きな違い それは
感情を持っているということ

感情は感じてもらうために生まれてくるの。
その感情を否定したり誤魔化したりすると、認めてもらえない!と暴れ出したり
認めてもらえるまで何度も何度も湧き起こってきます。

感情を否定したり誤魔化したりする

感情を認めていないということは

自分を認めていない

ということだよね。

自分に湧き起こった感情を認めてあげられないと、自画自賛なんて到底できません。

 

 

自分で自分をどうするか。



自分が抱えている くすぶっている感情に向き合うには、静かな環境と時間とノートと鉛筆があれば自分1人でも十分にできます。

じっくり自分に向き合ってみるのもいいものですよ(o^^o)

 

 

 

 

 

なぜ自画自賛なのか?①褒め方と子育て

自画自賛のすゝめ

水川 史〈みながわ ちか〉です(o^^o)

 

 

なぜ自画自賛なのか?

いろいろな角度から考えて

整理していきましょう!

 

 

 

ー褒め方と子育てー

 

子育てをしている人もしていない人も

聞いたことがあると思います。

『子どもはたくさん褒めて育てましょう』

 

そう。

たくさん褒めて認めてあげると

  • やる気が出て意欲が育つ
  • 自己受容ができてセルフイメージが高くなる
  • 自分は大切な存在なんだと思えるようになる

 

書き出すともっともっとたくさん書けますが

↑を見て

たくさん褒めて認めてもらえたら…
やる気になってきたら…
あんなことやってみたいな〜
やっちゃおっかな〜
できたら楽しいだろうな〜( ^ω^ )

 

もしも自分だったら…と想像しただけで
なんかニヤリとしたくなりませんか?

 

 

 

 

そういう気持ちを引き出すために

『子どもはたくさん褒めて育てましょう』

なんです。

 

大人が想像しただけで むふふ♡ と思えるんです。

子どもはもっと むふふ♡ と思います(笑)

 

 

 むふふ♡ と思った気持ちを大切にしながら大きくなると、

自己受容ができて、自分を大切にした、セルフイメージが高くて、やる気と意欲に溢れた大人になれると思いませんか?

 

おや?↑なんか、コレってカンタンに言うと自画自賛できるってことじゃない?

 

 

そうなんです。

自画自賛できる大人になれるように子どもを育てたいんです!

自画自賛できる人は自分を認められて、自分を受け入れられて自分が好きな人なんです!

 

 

 

自分はできる!

自分大好き!

 

を人にひけらかすんじゃなくて

 

自分で自分を認めて、受け入れて、自分を好きでいる

 

それが  自画自賛

 

自画自賛できる人は、

人から褒めてもらえたように自分のことを褒めてあげられるようになる。

人から褒めてもらえなくても 自分で自分を褒められる。

だって、自己受容ができていてセルフイメージが高いんだもん!人に褒めてもらわなくても自分で自分を認められますよね(o^^o)

大人も子どもそう在るのが本質なのです。

 

 

 

だからといって、なんでもかんでも褒めればいいんじゃないのよ?

褒めて褒めて褒めまくって、節度やモラルやマナーを守れなくなるのは御門違い。

褒める・認めるって、

なんでもアリ!なんでもオッケー!って、そういうコトじゃないからね(笑)

 

 

やったこと・できたこと→Do  

じゃなくて

わたしという存在→Be 

 

を 褒める・認めるの。

 

 

Be のために褒める

Beを自画自賛するのだ!(o^^o)

 

 

 

Beが高まるとDoも自然と高まるから!

Beを認めるからより認められるDoが起こる!

 

 

そうなれば イタイこと にも ありえないこと にもならない!

 

 

 

 

 

あなたは 自画自賛 できていますか?

自画自賛できるように育ってきましたか?

 

子育ての経験のあるあなた

子どもが 自画自賛 できるように育てていますか?

 

 

 

 

そして 子育てについて書きましたが、これは子どもだけではなくて誰かを褒める時にも有効です。

だって褒められて嬉しくない人なんていないもの

(*´∇`*)

褒められて困ってしまう人は褒められ慣れていない、頑張りすぎて生きてきた人です。魂の成長のために我武者羅に頑張ってきた人!そんな人こそ自画自賛できるようになってほしい⁂

わたしの願いです⁂

 

というわけで、子どもがいてもいなくても相手が大人でも 褒めることの意味をちょっと意識してもらいたいな♡と思います(o^^o)

 

 

 

 

 

なぜ自画自賛なのか?はじめに

自画自賛のすゝめ

水川 史〈みながわ ちか〉です(o^^o)

 

 

 

 

自画自賛なんてさー

イタイよねー( ゚д゚)

 

自画自賛なんてさー

ありえないよねー(¬_¬)

 

 謙遜とか遠慮とかそういうモンはないのかねー?(´-ω-`)

 

 

 

 

なーんて声が聞こえてきそう(笑)

 

世のおおよその人は↑こう思ってる方が多いのかな?と思います。

 

 

 

 

なんでそう思います?

なんで自画自賛てイタくてありえないんだろう?

なんでそう思うようになっちゃったんだろう?

 

 

そのあたりを紐解いていきますね(*´∇`*)

 

 

 

だって 自画自賛 て

自分のことを好きじゃないとできないから!

自分のことを認めてないとできないから!

自分のことを大切にできていないとできないから!

 

 

 

イタイ  ありえない

と思ってる心を少しずつ解いていきましょう

(o^^o)